Home » 査定をする前にチェックしておきたいこと

査定をする前にチェックしておきたいこと

査定を受ける前に知っておかないと損をしてしまうことがあります。

査定の時に損してしまうチェックポイントが、自分の車に当てはまっていれば、準備や対応してから査定申し込みをするようにしましょう。

 

 

ハンドルなど交換したパーツの純正品は準備しておく

 

035064社外品のハンドルやマフラー、タイヤホイールなどを交換した場合、 純正部品を売却時に一緒に出す方が良いでしょう。

特に、社外品のハンドルやマフラーは評価アップになりにくいものです。こういった社外品は、純正品に変えておくのがいいと思いますがなかなか手間がかかります。

純正品があれば必ず査定の時に出しておきましょう。

しかし、車検に対応していないものは、評価外となり得ますので、 純正品がある場合は、必ず取り替えておきましょう。

 

 

 

車検前でも車検費用以上に査定額が上がることはないのでそのままにしておく


車検が近い場合、車検を受けてから査定を受けたほうが得か損、どっち?と思われる方は多いと思います。結論から言えば、車検は査定に大きく影響しないので、車検が近い場合は、車検前に車を売却したほうがお得となることが多いです。

確かに車検が残り2年の車と、あと1ヶ月で車検が切れる車では車検が残り2年の車の方が高く売れる可能性はあります。

しかし、売る側が車検を通してから査定を依頼したとしても、車検費用全額が査定に上乗せされることはほとんどありません。業者は安く車検を通すことが出来るので、査定額が車検費用以上に下がる事はないので、車検が近い車の場合は迷わず車検を通す前に査定をお願いすることをオススメします。


 

査定担当者の印象を悪くしないように、不要な物は車に置いておかない

車内はもちろん、トランクなどに余計な荷物があれば正確な査定額が出ないだけでなく、査定に時間がかかります。査定員に対しても印象が悪くなります。査定してもらう場合は、必ずトランクに不要なものを車内に置かないようにしましょう!

 

 

 

記録簿、取扱説明書はすべて揃える

 

車の保証書・整備手帳がある場合は、査定時に必ず用意しておきましょう。

保証書はメーカー保証を受けるために必要となります。車両本体だけでなく、カーナビやモニターなど社外品の物も保証書や取扱説明書を用意しておくと査定アップにつながらう可能性があります。

整備手帳は、オイル交換の頻度や車の整備状況が記録してあるので車の状態や整備されていたかわかります。査定員からすると車の整備状況がすぐにわかるので、印象が良くなるのでプラス査定につながりやすくなります。

いざ、査定に来てもらっても、保証書や取扱説明書、整備手帳がないと印象が悪くなり査定額に影響してしまうかもしれません。これから、査定をしてもらう方は、忘れずに準備してすぐに見せることができるようにしておきましょう。

 


Copyright(c) 2013 車を売る時、買取りか下取りか自分に合った満足できる車の売り方 All Rights Reserved.
Learn about an Canadian pharmacy /!# Canadian drugs can now be ordered online. Medicine will be delivered to online pharmacy <', drugstore online allowing for medicaments and health products. Order your medicine online by Canada pharmacy }]|, buy drugs online of seeing a doctor.