Home » 下取りと買取りの違い

下取りと買取りの違い

車を買い替える時、まだ多くの方は車を購入する店に、今乗っている車を下取りに出しているのではないでしょうか。でも、少しでも高く売りたいという方は、車の買取り専門店に査定ををしてもらって、買い取ってもらっています。

この、ディーラーなどの下取りと買取り専門店等の買い取りと何が違うのでしょうか。

車の下取り

下取りは、車を購入するところで、今乗っている車を査定をしてもらって、車の購入代金の一部として充てることができます。そのため、下取りでは車を売って、実際に現金でのやり取りはありません。

査定については、下取り表に基づいて公平な査定ができるようになっているため、人気車種でも高く買ってくれるということはなく、その反対に不人気車種に関しては査定額が極端に下がるということもありません。

当たり前のことですが、下取りでは車を購入するところと売るところが同じです。だから、買い取り業者に買取りに出すのに比べて交渉など余計な手間が省けます。一番のメリットは、新しい車を納車するときに今乗っている車を引き取ってもらえるので、車を売ってから新しい車が納車されるまで、車に乗れない期間が空くといった状況ができない事です。

下取りは、時間がなくて余計な手間がかからないようにしたい人や、毎日車に乗っていて車に乗れない期間がないようにしたい人に向いています。

車の買取り

買取りは、車買い取り専門店などで車を査定してもらいます。そして、買取り査定の金額に納得できれば車を売って、代金を現金で支払われるのが下取りと異なるところです。

買取りの査定額は、人気車種やボディーカラーによって変わります。中古車業者オークション価格など市場のニーズによって査定額が変動するので、需要の高まる時期には査定額が高くなることもあります。一般的には、人気のある車種では下取りよりも買取りのほうが高値で査定されます。

しかし、買い取りではその時の相場で価格が決まるため、売る時期が伸びると価格が下がったりすることがあるので、売るのを先延ばしにするのが難しいというデメリットもあります。それでも、人気車種では下取りよりは査定額は高い傾向にはあります。

手間がかかっても、少しでも今乗っている車を高く売りたい人、損をしたくない人には買い取りのほうがおすすめです。

 

車を下取りに出すか、買取り専門店等で買い取ってもらうかは、どちらにもメリット、デメリットがあるので、それを知った上で自分になった方法で選択すると良いでしょう。


Copyright(c) 2013 車を売る時、買取りか下取りか自分に合った満足できる車の売り方 All Rights Reserved.
Learn about an Canadian pharmacy /!# Canadian drugs can now be ordered online. Medicine will be delivered to online pharmacy <', drugstore online allowing for medicaments and health products. Order your medicine online by Canada pharmacy }]|, buy drugs online of seeing a doctor.